ヴィトンの手入れの仕方|オメガのスピードマスターなど高級時計買取について詳しく知りたい
ロゴ

正しいメンテナンス方法を理解して定期的に手入れしよう

ヴィトンの手入れの仕方

靴と鞄

モノグラム柄とダミエ柄の手入れ

ヴィトンを代表するモノグラム柄とダミエ柄のアイテムにはキャンパス素材が使用されています。このキャンパス素材は他のキャンパス素材とは異なる特殊なものになります。普段の手入れは使用するたびに柔らかいクロスなどで汚れをぬぐう程度でいいでしょう。塗れた布などで拭いてしまうとシミになることがあり、シミができると一気に買取価格が下がってしまうので注意しましょう。

モノグラムヴェルニの手入れ

エナメル加工が施された高級感の際立つモノグラムヴェルニ。特殊なおうとつ加工が施されたヴェルニは傷ついてしまうと張替えで対処する必要が出てきます。こちらもモノグラム柄やダミエ柄のものと同様に柔らかい布で拭いてメンテナンスしていきましょう。この素材には水分は厳禁です。注意しましょう。

モノグラムサテンの手入れ

シルクサテンを用いた高級感漂うモノグラムサテン。汚れが気になる場合は生地を傷つけないよう柔らかいブラシなどで汚れを落としましょう。水分が付着した場合は柔らかい布で軽く叩くようにして拭いていきましょう。サテン生地を全体を拭うように拭いてしまうと生地に細かな傷がつき、買取ってもらうときの査定金額に大きく響いてくる可能性があります。

金具の手入れ

ヴィトンのアイテムに使われている金具はメタル素材のものがほとんどです。汚れが気になる場合専用の磨き剤などで磨きたくなると思いますが、生地の部分についてしまうとシミになったりするので、普段からクロスで拭くなどして汚れが定着してしまうのを防ぐようにしましょう。シミになると買取価格が一気に低下してしまうなど、商品としての価値がかなり低くなってしまいます。